為替っていったい何?

日本の通貨と外国の通貨(例えば日本の「円」と米国の「ドル」)または、異なる二国間の通貨を交換し、送金することを外国為替といいます。米国で買い物をするためには、「円」と「ドル」を交換する必要があります。この二つの通貨を交換することを外国為替といいます。
また、通貨を交換するときの交換比率を「為替レート」と言います。

外国為替

外貨投資を考えている方にとって、「為替」は切っても切り離せないものです。
為替という言葉に、何となく馴染めないと思っている方も少なくはないでしょう。

為替の仕組みは、考えているより単純な仕組みなので、外貨投資をこれから始める人は、
はじめからアレルギーを持たずに基礎力をアップさせましょう。

外国為替市場とは?

「為替、本日のニューヨーク市場は○○円で取引されています」
「今日の東京市場、円が一時急速な値上がりを見せ、その後暴落・・・」
こんな外国為替市場の話題がでてきますね。
しかし、具体的な場所はなく、バーチャルな存在が外国為替市場です。

為替市場

株の場合とは違い、通貨は銀行をはじめとする金融機関同士で、買いたい人・売りたい人が電話やインターネット回線を使ってやりとりすることで行われます。これをインターバンク市場(銀行間市場)といいい、実際の店舗のような市場がない「見えざる市場」なのです。

24時間取引されている外国為替

外国為替市場(インターバンク市場)では、ウェリントン市場から始まりシドニー市場、東京市場を経てロンドン市場、そしてニューヨーク市場へと24時間取引が行われています。

外国為替市場は、現在、東京をはじめ、ニューヨーク、ロンドン、香港、シンガポール、
フランクフルト、チューリッヒなど、世界50ヶ所以上にあり、主要な都市ごとにネットワークが設けられています。

ウェリントン市場

特に、東京、ニューヨーク、ロンドンは、世界の三大市場と呼ばれています。
インターバンクは、1対1の相対取引です。売りたい金融機関と買いたい金融機関が存在すれば時間に関わらず取引は成立するため、これらの市場が結ばれることで、24時間眠らない市場ができあがっているのです。

24時間取引できる外貨投資はFX

はじめての証拠金取引
FX初心者でも分かる外貨投資
為替相場が活発化するのは、市場がオープンする時間帯に集中します。世界にある取引所がリレーしながらオープンとクローズが繰り返され、日本にいても24時間トレードすることが可能です。
取引業者の見極め方ポイント
会社を選ぶときは財務状況もcheck!
大切な資産を預けるFX会社には、自己資本比率を120%以上保つことが法律で定められていたりと、高い信頼性が求められています。会社の状態を知るためにも、財務状況もチェックしましょう。
取引会社の選び方ガイド
FX比較と取引会社の紹介
証拠金取引を扱う業者は多数。その中から、安心して取引を行える業者を見つけるためのチェックポイントや取引会社の特徴などを、商品スペック毎に比較することが大切です。ご自身にあった取引会社をじっくり選定しましょう。

4年連続年間取引高No.1

外為オンライン
MJ
手数料 ドル/円 スプレッド 信託保全
0円 1銭原則固定 全額保全

手数料が無料でドル円スプレッドが原則固定の1銭。証拠金等の資金は、株式会社三井住友銀行及びみずほ信託銀行株式会社へ信託保全しているので安心。4年連続で年間取引高がナンバー1という人気のFX会社です。